花まるグループの進学塾部門。「幸せな受験」のために

スクールFC
menu
花まるグループの進学塾部門。「幸せな受験」のために
花まるグループ資料が揃っています!資料請求はこちら 一週間の無料体験授業を実施中!体験授業のお申し込み

小4総合コース

image
image

「小4総合コース」では、本当に意味のある先行学習を行い、「あと伸び」につながる「土台」を築きます。「学びは楽しい」という前向きな気持ちを大切にしながら、5年生以降で必要になる知識を蓄え、学力を伸ばします。

私国立中学受験、公立中高一貫校受検、高校受験、どんな受験でも「自学」できる生徒は最後まで伸びる私国立中学受験、公立中高一貫校受検、高校受験、どんな受験でも「自学」できる生徒は最後まで伸びる

どんな受験であれ、最後までがんばりぬき、力を伸ばし続ける中で受験当日を迎えることができるのは、「自分の勉強」「自分の受験」として、主体的に勉強に向き合えた生徒です。

「勉強の楽しさ」を知らず、「どうせ無理」と自己肯定感を持てなければ、「主体性」は生まれません。

4年生は、勉強を思いっきり楽しみ、正しい学習観を身につけながら成果を発揮し、「やればできる」という自己像を創りあげていくための、最良の時期なのです。

私国立中学受験、公立中高一貫校受検、高校受験、どんな受験でも「自学」できる生徒は最後まで伸びる私国立中学受験、公立中高一貫校受検、高校受験、どんな受験でも「自学」できる生徒は最後まで伸びる
私国立中学受験、公立中高一貫校受検、高校受験、どんな受験でも「自学」できる生徒は最後まで伸びる私国立中学受験、公立中高一貫校受検、高校受験、どんな受験でも「自学」できる生徒は最後まで伸びる

ゲーム感覚で取り組める学びの中で、楽しみながら知識を蓄えていきます。

たとえば「都道府県」に関する知識など、単調な暗記項目となりがちなものでも、前向きに取り組めるしかけをたくさん用意しています。本気になった時こそ最も集中力が高まり、主体的に取り組めるのです。この主体的な学習を習慣化し、暗記力も鍛えます。

「やらされる勉強」ではなく、勉強を自分のこととしてとらえることで、正しい学習観を身につけていくことができます。

私国立中学受験、公立中高一貫校受検、高校受験、どんな受験でも「自学」できる生徒は最後まで伸びる私国立中学受験、公立中高一貫校受検、高校受験、どんな受験でも「自学」できる生徒は最後まで伸びる

小4総合コースの取り組み小4総合コースの取り組み

アチーブテスト

過程を大切にしながら、
がんばった分の「到達度」をはかる

アチーブテストの目的は「つまずきを発見し、解消する」ことです。テストの前後に「自学タイム」をもうけ、テストに向けての集中学習、そしてテスト後の振り返りを行います。その中でのやりとりを通して、次なる課題を見出し、次へ向かう気持ちを応援します。ぜひご家庭でも、「やりきったこと」を認め、次またがんばれるように応援していただきたいと思います。

アチーブテストアチーブテスト

コンテスト・ウィーク ~本気は楽しい!~コンテスト・ウィーク ~本気は楽しい!~

わくわくしながら挑戦し、
目標に向けてがんばった成果を発揮する

各教科、テーマを持って自分を磨くコンテスト、本気で競い合うコンテストが開かれます。(たとえば、国語「作家の時間」、算数「約数大富豪」、理科「理科実験」、社会「都道府県カルタバトル」)
わくわくしながら「ベストをつくすぞ!」と本気でがんばることで、主体的に学ぶ楽しさを体感します。

コンテスト・ウィーク ~本気は楽しい!~コンテスト・ウィーク ~本気は楽しい!~

4総通信「Clap Clap」

優秀作品やコンテスト・ウィーク表彰者をお知らせ

お子さまのがんばりをお伝えすると同時に、子どもたちにとっては「Clap Clap」に作品や名前がのることが一つの目標にもなります。また、4総日記「伸び盛り」のページは、担当講師よりクラスの様子をお伝えします。

4総通信「Clap Clap」4総通信「Clap Clap」

小4総合コースの学習内容

算数算数

中学受験で扱われるレベルの問題も積極的に扱いながら、「基礎事項の徹底」「一問の(そしゃく)咀嚼力/重要単元の本質理解」を2大テーマに、学習を進めていきます。インプット授業・特算タイムでは、ともに中学受験で扱われるレベルの問題も積極的に扱います。基礎事項の徹底とともに、「意味のある先取り学習」をしておくことも、4年生だからこそできること。楽しい空気感も大事にしつつ、5年生以降の飛躍に結びつく、最適な難度と量の学習内容を用意しています。

授業の構成と教材授業の構成と教材

  1. ❶ガウス確認テスト
  2. 前の週の課題の類問が出題されます。毎日取り組むことができたか、わからないものを解決することができたかなど、課題への取り組み方が問われるテストです。

  3. ❷インプット授業…受験算数を教わり、身につける時間
  4. 算数を単元ごとに学ぶ時間です。スタンダードな中学受験算数のカリキュラムと同じ進度で、計算や特殊算などに触れていきます。授業後半の「自学タイム」と連動して、「習った内容でわからないものを解決しながら」前に進めるようにしていきます。

  5. ❸特算タイム
  6. 思考力教材「なぞぺー」を用いて授業をおこなう時間です。型にはめて解くことのできない難題に対して、全力で試行錯誤して考え抜く経験を積み重ね、自分で辿りつけた嬉しさ、心から納得できたすがすがしさを知っている「諦めずに考えるのが好きな人」を育てます。

時間割

インプット授業・ガウス(定着のためのサイクルを、しっかり回す)インプット授業・ガウス(定着のためのサイクルを、しっかり回す)

中学受験を見すえ、基本的な計算の方法や、特殊算(つるかめ算・消去算…)など、「手法やパターンを知り、反復演習を通じて身につける」というアプローチをします。これが「インプット授業」の時間です。難しい内容も含まれている中で、必要なのは「学習サイクルの構築」です。

小4総合コース「算数の学習サイクル」

授業で習う(インプット授業)

その場でやってみる(授業+自学タイム)

1日1ページの反復(宿題ページ)

確認テストで定着度を見る

自学タイムでフォロー(必要に応じて)

この学習サイクルをしっかり回すことで、
学んだことの定着を図ります。

image
zoom

「インプット授業」教材例

特算タイム・算数なぞぺー(未知なるものへの対応力/思考の壁を破る)

3年生までが、能力そのものの開発期間だとすると、4年生以上は、その能力を最大限に発揮すべく「思考の壁」を知識として整理し、戦略的に突破する訓練が出来る時期になります。特算タイムは、パターン化できない難問に取り組むことによって直面する「分からない」「どうアプローチしていくかが思い浮かばない」といった「壁」について、整理する授業です。壁にあたったときに試せることを「発想法」「基準のもち方」として伝えます。例えば、立体は平面にして考える、極端な値に着目する、確実に決まるところから考える…などです。夢中になって、自分で試行錯誤したからこそ、「そう考えればいいんだ!」が感動とともに腑に落ちます。子ども自身が、難問に向かって考えることを楽しみ、突破する喜びや「なるほど!!」という快感を味わえる。「遊ぶような感覚」で難問に取り組める、「特算タイム」はそんな時間です。

image
zoom

「特算タイム」教材例

毎週の課題(宿題)の内容毎週の課題(宿題)の内容

    冊子「ガウス」の課題ページは、3つの項目にわかれています。

  1. ① FCサボテン
  2. 計算力強化を目的として、1日見開き1ページ8分を目安に取り組みます。左ページは暗算力を鍛えること、右ページは授業で習った計算処理の方法を定着させることを目的にしています。

  3. ② 定着問題ページ
  4. …その週の授業内容の定着を目的とし、1日1ページ15〜20分を目安に取り組みます。また、次回の授業の冒頭には「ガウス確認テスト」を行います。このテストを通して、課題への取り組み方を確認します。

  5. ③ 課題なぞペー
  6. …授業で扱う問題以外に、課題として1週間に1題、なぞぺーに取り組みます。(答え合わせは次回授業で行います。一人でやっても、おうちの方と話し合いながらやってもよい課題です。)

image
zoom

「FCサボテン」ページ

image
zoom

「定着問題」ページ

カリキュラム

算数カリキュラム抜粋:コンテスト・ウィークの内容:約数大富豪・公式試合

≪コンテスト・ウィークの内容≫(一例)
約数大富豪・公式試合

このゲームに勝利するためには「数字を素因数分解して、約数の積として捉える感覚」が必要となります。この感覚は、整数問題の世界では必須の「数の捉え方」です。コンテスト・ウィークでは他にも「ノーミス王決定戦」など算数において重要な考え方、知識を「競争の要素を含んだ、ゲーム的な取り組み」を通じて、身につけていきます。

国語国語

「豊かに想像の世界をひろげ、作品世界を味わい楽しむこと」「湧きあがる気持ちから、自由に書くこと」を重視しつつ、少しずつ「他者を意識すること(読解・精読)」「継続的な鍛錬(日々の漢字練習)」にも取り組みます。総合コースの国語では、5年生からの中学受験レベルの国語学習も視野に、4年生の時期だからこそ伸ばしたい国語の力に焦点をあてたプログラムを用意しています。

授業の構成と教材

  1. ❶漢字テスト
  2. 日々の練習の成果を確認します。毎回実施します。

  3. ❷語彙力を育む時間
    1. ことカン( ことわざ・慣用句)
    2. 「授業での暗唱→家庭での復習→教室でのことカン確認テスト」という流れで、ことわざ・慣用句を習得します。

    3. 国語なぞペー( 語句知識を楽しく習得する)
    4. 「文法事項」「語句知識」を、楽しみながら学び、使ってみることができるようにアレンジした教材です。

    5. ことばのトライアングル( 語彙と創作文)
    6. 語彙を鍛える教材です。あらたな表現に触れ、それを実際に使ってみることで、定着をはかります。

時間割
  1. ❸読んで解く時間
    1. 読解の基礎
    2. 接続語・指示語・具体と抽象の読み分けなど、いわゆる「読解問題」の考え方に触れ、慣れていくための教材です。

    3. 読むタンバリン( イメージしながら文章を読む/言葉や表現に出会う)
    4. 「面白そう、読んでみたい!」「くまなく情報を取るぞ!」という気持ちで解ける読解問題を通じて、精読の感覚やイメージ力を養う教材です。

  2. ❹ハノン(課題用冊子)
  3. 漢字の課題に、1日1ページずつ取り組みます。必要な力の底上げと学習習慣の獲得をはかります。

  4. 【特別プログラム】
  5. 「作家の時間」「読書家の時間」「似顔絵作文」「おすすめブックトーク」
    …コンテスト・ウィークや各期講習で実施します。

ことばのトライアングル・国語なぞペー・ことカン(言葉を自分のものにする/言葉への感性を磨く)ことばのトライアングル・国語なぞペー・ことカン(言葉を自分のものにする/言葉への感性を磨く)

image
zoom

「言葉への鋭い感性」こそが、国語力を伸ばすための土台を作ります。たとえば、受験勉強を始めてから、大きな壁として立ちはだかるのが「語彙力の壁」です。その状況・感情を説明するのにもっともふさわしい言葉が、自分の中から出てくるか否か。それらを左右するのは「語彙力」です。語彙力をつけることは習慣であり、日々の積み重ねです。読解法の指導は必要ですが、それだけでは足りません。読解指導が本格化する前に、「言葉への鋭い感性」を磨くことがとても重要なのです。

image
zoom

zoom「ことばのトライアングル」の生徒作品です。習った言葉を使い、創作文を書くことを通じて言葉を自分のものにしていきます。

読解の基礎・読むタンバリン(読解力を丁寧に鍛える)読解の基礎・読むタンバリン(読解力を丁寧に鍛える)

4年生の客観性や他者性は、まさに「芽生えたて」です。まだまだ自分中心の解釈がある一方で、たとえば創作文の現場では、こちらが求めずとも「この言葉の使い方、これで合ってますか?」という、3年生からはあまり出てこない質問が、自然と出はじめます。小4総合コースでは、無理のない長さの文章や、読んだり解いたりするのが楽しいと思える文章を用いて、自力で「黙読と精読」ができるようになるために必要なことを積み重ねていきます。「文中の要素を読み落とさない」「手前からの流れをふまえて、一文・一語をとらえる」といったことに一人ひとりが挑戦する時間です。

image
zoom

読書家の時間、作家の時間(意欲的に読む、書く心を育てる)読書家の時間、作家の時間(意欲的に読む、書く心を育てる)

小4総合コースの国語では、読まされる・書かされるだけの受け身な状態から脱し、「主体的な読み手・書き手」になることを目指すさまざまなプログラムを、講習やコンテストの中で実施します。
 高学年期の子どもの「読めない」状態の根っこをたどると、しばしば、当の本人の中に「読みとりたい」気持ちがないことに行きあたります。わくわくしながら、いいなあ…と思いながら、文章を味わい楽しむ。そんな楽しみを知っている子は、聞きながら考え、思い描くことができます。書くこと・伝えることについても同様です。
 作家になりきって、作品を執筆・出版までする「作家の時間」。どこか不思議な絵本を一冊選び、その作品に対して自分たちで問いを立てて話し合う「読書家の時間」。自分の書いた文章だけを頼りに、自分だけが分かっているイラストを相手に再現してもらう「似顔絵作文」……これらのイベントの中で、書くことや読むことについての成功体験を得て、前向きになれる子も少なくありません。

漢字テスト(自分の心で立ち向かう、鍛錬の場)漢字テスト(自分の心で立ち向かう、鍛錬の場)

4年生での漢字学習は、語彙の習得という観点からはもちろん、5年生以降さまざまな教科で本格化する「鍛錬」に向けての土台作りという意味で、とても重要なものであるとスクールFCは考えます。次の授業での確認テストに向けて、決められた個数の熟語の読み方・書き方を練習してくる。そして出た結果を、自分で受け止める。本気の漢字テストには、一人ひとりのドラマがあり、成長のチャンスがあります。

カリキュラム

≪コンテスト・ウィークの内容≫
ブックトーク(おすすめ本の紹介コンテスト)ほか

国語カリキュラム抜粋:ブックトークほか
zoom

理社理社

4年生だからこそ持ち続けている低学年期の特性を生かし、「暗唱」や「遊び」の要素を交えることによって、覚えるべき知識を「本当に身になる・使える記憶として」身につけます。さらに「理科・社会なぞぺー」や理科実験を通して、身近な出来事に疑問を持ったり、簡単にでも説明しようとする姿勢を伝えていくことで、理科・社会の学習で今後必要となる力を、楽しく、着実に身につけていけるようなプログラムになっています。

授業の構成と教材授業の構成と教材

  1. ❶暗唱・説明ペーパー(理科)/カルタ読み札解説(社会)
  2. 各回の重点となる学習内容について、解説の後に、例文や言葉をみんなで一斉に発声してから、ノートに書き留めます。
    「見る時は見る・書く時は書く」の実践により、習った知識を体に染み込ませます。

  3. ❷理科・社会カルタ
  4. 遊びの中で、本気で知識を覚えるための時間です。通常授業の中で練習を積み重ね、月1回のコンテスト・ウィークで大会を行います。

  5. ❸確認テスト
  6. 学習内容についての定着度確認のための小テストです。心から納得できたすがすがしさを知っている「諦めずに考えるのが好きな人」を育てます。

  7. ❹理科・社会なぞぺー
  8. 知識をパズル感覚で身につけるだけでなく、観察力や論理的な思考力、調べる習慣など、今後の理科・社会に必要な力を磨きます。

    ※コンテスト・ウィークでは、「理科実験」を行う回もございます。

時間割
理科理科

暗唱・説明ペーパー(理科を通して、正しい説明の仕方を身につける)暗唱・説明ペーパー(理科を通して、正しい説明の仕方を身につける)

音読というのは決して低学年のためだけのものではありません。考えていることを言葉にすることで、自分の伝えたいことを明確にし、正しい説明の仕方を身につけます。4年生では、理科の正しい文章を声に出して覚えることで、5年生以降に自分で物事を説明する際の言葉の使い方や、物事のつながりや関係を理解するためのフレーズを使いこなせるようにします。

理科カルタ(「知識のつながり」まで視野に入れたカルタ)理科カルタ(「知識のつながり」まで視野に入れたカルタ)

「理科カルタ」では、絵の札を探しながらも同時に名前や簡単な説明も答えるなど、今後の学習に必要な知識を身につけ、整理できるような作りになっています。

image
zoom

「説明ペーパー」例

理科実験(実体験を通してこそ、見えないものがイメージできる)理科実験(実体験を通してこそ、見えないものがイメージできる)

およそ月1回のペースで、理科実験を行います。すでに小3Think!Think!でも理科実験がありますが、4年生では各回の授業内容とのつながりを作り、1つのテーマに対してより深く理解できるようなものにしています。

理科なぞぺー(好きだから熱中する。熱中できるから好きになる)理科なぞぺー(好きだから熱中する。熱中できるから好きになる)

スクールFCがオリジナルで開発した問題が、学研「科学脳」などの理科パズルとして提供されています。知識に関するものから「イメージ力」「分類する力」「日常の問題発見力」に関するものまで様々です。どれも共通しているのは、子どもたち自身が「わあ、面白そう!」と熱中できる点です。

image
zoom

「理科なぞぺー」教材例

社会社会

一斉発声、確認テスト、カルタの読み札暗記(社会という科目を通して、「暗記力」を身につける)一斉発声、確認テスト、カルタの読み札暗記(社会という科目を通して、「暗記力」を身につける)

「暗記力」は、全ての学習の基本となる力のひとつです。しかしながら、幼児期の特性をまだまだ残しているのが4年生。大量の知識を「必要だから覚えなさい」と言われて覚えるのは、はっきり言って苦しい作業であり、至難の業です。しかし一方で4年生は、「楽しい事には思いっきり夢中になって取り組める」生き物であり、夢中になっているものからは、極めてたくさんのものを得ることができます。カルタは「楽しく、本気で」取り組むことができるからこそ、自ら積極的に、たくさんのことを覚えることができるのです。
 また、3年生までの「花まる学習会/小3Think!Think!」での四字熟語・ことわざ・慣用句と同じように、都道府県名、県庁所在地などを、一斉発声を通じて体になじませていきます。カルタの読み札と、意味や関連する知識とを授業の中で繋げてみせることで、より理解が深まり、知識として定着しやすくなります。

image
zoom

社会カルタ(覚えた知識を使ってみる)社会カルタ(覚えた知識を使ってみる)

覚えた知識を利用して、ゲーム大会を行います。ゲームで使えるから自主的に覚えるようになりますし、楽しいから忘れないという、良い循環がつづいていきます。

社会カルタ

社会なぞぺー(様々な分野の問題に触れる)社会なぞぺー(様々な分野の問題に触れる)

クロスワードパズルやシルエットクイズといった、地図帳を使って該当する国や県を発見する問題や、表やグラフを読み取り、なぜその数値なのかの理由を考える問題昔の道具クイズなど、様々な分野から趣向を凝らした問題を用意しています。自ら積極的に調べて考えてみること、またそれを習慣化することで、5年生以降の学習の質が大きく向上します。 社会のカリキュラム一部抜粋

image

なぞぺー、カルタなど、スクールFCオリジナル教材を
もっと見てみたい方はこちらへ!

自学する子を育てるオリジナル教材について詳しくはこちらから

小4総合コース 一週間のスケジュール小4総合コース 一週間のスケジュール

tabletable

※このスケジュールは一例です。校舎によって科目が異なる場合がございます。