花まるグループの進学塾部門。「幸せな受験」のために

スクールFC
menu
花まるグループの進学塾部門。「幸せな受験」のために
花まるグループ資料が揃っています!資料請求はこちら 一週間の無料体験授業を実施中!体験授業のお申し込み

小学生英語

imageimage
高学年からの英語学習 遊んで学んで、しっかり役立つ!

高学年からの英語学習 遊んで学んで、しっかり役立つ!

全てが、花まるメソッドによる「楽しく学ぶ」ことを考え抜かれたオリジナル教材。
花まるグループだからこそできる、子どもたちが飽きずに心の底から楽しめる英語の授業があります。遊びのような学習の中で実践的な英語力を培い、中学生からの英語学習へスムーズに繋げます。

icon icon

受講生である子どもたちからは「楽しくなった」「簡単になった」「小学校の英語の授業がわかるようになった」保護者の方からは「子どもが英語に積極的に興味を持つようになった」と大好評です。

講座の目的

「小学生だからこそできること・やっておきたいこと」に力を注ぐ 「小学生だからこそできること・やっておきたいこと」に力を注ぐ
icon icon

「英語って楽しい!」

遊びの中で、英語学習への前向きな
気持ちを育てる

icon icon

「この単語聞いたことある!」

語彙のインプット(年間500単語以上)
英語のスペリングに慣れる

icon

1英文をまるごと捉える

短文の暗唱・高い集中を引き出す
「遊び(カルタなど)」で養う

icon

「聞き取りたい!」

リスニングへの意識づけ

icon

「何だろう?」

自分の知識を総動員し、
予想する力を育てる

講座の特徴

1遊びながら学習することで「英語は難しい、大変、怖い、嫌い」と思わなくなる 1遊びながら学習することで「英語は難しい、大変、怖い、嫌い」と思わなくなる

英語に対して、「なんとなく難しそう」「知らない・わからないから嫌い」などの不安を持っているお子様に特におすすめの講座です。「小学生英語」は、「英語を絶対に嫌いと思わせない」という信念のもと、様々なしかけで子どもを「英語好き」にすることに長けたプログラムです。

image

1遊びながら学習することで「英語は難しい、大変、怖い、嫌い」と思わなくなる 1遊びながら学習することで「英語は難しい、大変、怖い、嫌い」と思わなくなる

小学生英語1stではおよそ500単語を習得します。2ndではそれらの記憶を強化しながら少しずつ語彙を増やしていきます。語彙は各種検定に対応できるよう、英検5・4級やTOEFL Primary®を参考に選定しています。

image

1遊びながら学習することで「英語は難しい、大変、怖い、嫌い」と思わなくなる 1遊びながら学習することで「英語は難しい、大変、怖い、嫌い」と思わなくなる

1年目から「とにかく繰り返し書く!」といった方法でつづりを覚えさせることはしません。ベーシックなフォニックス※を教えつつ、繰り返し同じ単語を見聞きするなかで、子どもたちは「つづりと音声は必ずしも一致しない」ということを少しずつ受け入れられるようになります。

※フォニックスとは…英語の音と文字の規則性に関する知識のことを言います。これを学ぶことによって特に読み書きに関して未知の単語の習得をより早く行えるようになります。
image
image image image

4わからない/知らない英語も「読み」、「調べ」、「類推」して「読み通す」経験を積む 4わからない/知らない英語も「読み」、「調べ」、「類推」して「読み通す」経験を積む

わからないものを調べてみる、わからなくても試してみる、読み通してみるという経験を通して英語を読むことに対する自信を養うことができます。授業の中では、子どもが「わからないこと」に前向きに取り組み、解決できるような仕掛けを作っています。

image

5文法の訓練は2年目から 5文法の訓練は2年目から

2ndでは授業の後半で中学生に教えるのと同じ本格的な英文法を教えます。内容は中学での成績を著しく左右する中1の範囲「動詞の選択(3単現含む)/名詞(可算・不可算・複数形など)/代名詞」に絞り込んでいます。

image

activity

image

単語力を強化し、
読解力とリスニング力を鍛える

「QUIZ MAKER」

授業内で扱った単語を、習得した文型の中に織り交ぜて作成した「ヒント文」を聞いてカルタをとるアクティビティです。描かれている絵がそれぞれ微妙に違うので、読まれる文を3文とも最後まで聞き取らないと正しいものが取れないようになっています。何度やっても飽きない、子どもたちに人気のアクティビティです。

遊びの中で絵本を読み通す経験を積む

遊びの中で絵本を読み通す経験を積む

「READING WEEK」

子どもたちに絵本を渡します。しかしそこには「絵」しか載っていません。不思議そうな表情の子どもたちに、さらに「順序がバラバラの文章ページ」を渡します。「これは知っている単語と辞書を頼りに文章と絵を正しく合わせるゲームだよ」と伝えると、大人が想像するよりも前のめりに、時に友だちと意見を合わせながら、あっという間に8ページ(500語程度)の本を一冊読み通してしまいます。アクティビティが終わった後も「次はどんなお話?」「こんなキャラクターに出てきてほしい!」などのリクエストが殺到する人気のアクティビティです。